ブログ

take(テイク)会計事務所の代表税理士・MBA竹田健司のブログです。税制改正、飲食店業界の動向、投資、サッカー、プライベートなことまで、勝手気ままに書かせてもらっております。なるべく有益な情報を発信させて頂き、たまにはゆるい情報も。お時間あるときに読んで頂けたら幸いです。

税理士試験当日は合法的にドーピング!?

税理士試験まであと数日。 受験生の方は徐々に緊張感が高まっていることと思います。 今回はかなり刺激的な題名となっておりますが、 別に税理士試験で悪いことを推奨しようとしているわけではありません(笑)。   スポ

税理士試験直前期!合格のための勉強時間と過ごし方

来週は税理士試験ですね。 今日はタイムリーな話題を取り上げます。 税理士試験の直前期の過ごし方について 経験談を交えながら考察いたします。   私は働きながらの受験でしたが、 直前期は有給を使い、そして土日を挟むと、 約

税理士試験 本試験での机に要注意!

税理士試験もいよいよ来週に迫ってきましたね。 本番が会心の出来だった場合と違う場合で、 楽しい夏の過ごし方も全く違ってきます。 あと少しだけ、全力で努力をして、 是非楽しい方の夏になってもらえればと思います。   税理士

意外な盲点!実はほとんどの会社が関係する軽減税率

以前にも話題にあげました 消費税の軽減税率。 https://take-tax.com/food-reduced-tax-rate/(以前の記事)   飲食店関係のみが関係するような印象がありますが、 実は様々

平成30年より変更 源泉徴収における扶養の変更点

平成30年から毎月の源泉徴収における 扶養の数え方が変わりました。 非常にややこしく、煩雑になっております。 https://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/pdf/02.pdf#

事業承継税制改正の概要 使い勝手が良くなった納税の猶予

中小企業経営者の高齢化が進んでおり、 今後10年の間に、70歳を超える中小企業の経営者は 245万人になることが予想されております。 ただし、その半数以上の経営者が 事業承継の準備を怠っているとみられており、 現状のまま

役員報酬の短期借入金(未払金)処理

社長からたまに質問があるシリーズ。 「一時的に資金繰りが悪くなったため、 役員報酬をそのまま運転資金に回してもいいですか?」   中小企業ではこのようなケースは非常に多いです。 対象者は社長もしくは社長の奥さんのケースが

締め日後の仕入も経費にしましょう

よく決算時に質問を受けるのですが、 「締め日後の仕入はどのようにしたらいいですか?」 確かに仕入先によって締日は違いますが、 当然当期中に仕入れたものは、当期の費用にしましょう。     具体例 当社が3月末決算だとして

本当に来る飲食店の税務調査 調査のポイント

飲食店に限ったことではありませんが、 税務調査は突然連絡があります。 税理士に頼んでいれば、税理士に、 万が一頼んでない場合はお店に税務署から連絡があり、 ご本人は驚くとともに青ざめる・・・。   特に個人事業

池袋の飲食店専門税理士 集客・売上・利益UP ケーススタディ8 きしめん・そば・うどん店編

創業昭和37年、商業施設内フードコートにて営業の きしめん・そば・うどん店 費用合計 27,354円 1 店頭看板用シート2枚・・・10,872円 2 メニュー案内板用シート・・・8,382円 3 「季節のおすすめ」ポス

2018 © take 会計事務所.
All Rights Reserved.
Top